小中高の教員が若返りしているようです。

小中高校の教員の、若返りが始まっているようです。
教員の平均年齢が下がっているのは、1980年前後に大量採用された教員が退職時期に入った為だそうです。
文部科学省が調査を始めてから初めてのことで、定年を迎えた先生が多いことを示唆しています。
平均年齢は小学校で44.0歳、中学校では43.9歳、高校では45.3歳となっています。
大2次ベビーブーム世代の成長に合わせて、79年~85年に小中高教員の採用はピークを迎えていました。
この層がこの20年ほど平均年齢を押し上げてきましたが、退職者が増えたこともあり、平均年齢の転換が生じたようですね。
教員数は、小学校で38万5000人、中学校では23万4000人、高校では22万7000人という教員がいるということでした。
先生って言われる人は、数えて見ると案外いてるのですね。
若返りの秘訣はやっぱり脱毛かもしれません。
キレイモ予約で若返りしている、人が多いようですね。
脱毛効果で肌も綺麗になりますので、そういったこともあるのでしょう。
これに対して大学の教員は平均値を上げているという調査もあり、いずれも過去最高の数字が出たようです。
私立を中心に定年を70歳に引き上げるところが相次いでいる為とみられています。
年齢が全てではありませんが、教育に先生は切っても切れないモノだと言えます。
良い先生の育成が、良い子供の育成に繋がるように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>